2016年09月14日

書く書く然々

このところ、昼といわず夜といわず何かしら書いてブログに載せている。

「どうした事でしょう?」とサザエさんの声で問われても答えが浮かばないのは、何故書くのか或いは何故書かないのかというような事を考えない性質だからであって、強いて言えば書きたいから書く、若しくは気がついたら書いていたとしか言いようがない。

しかし、そうは言っても書くという行為は再思考するという事でもあるので、ひょっとしたら無意識裡に「後から考えてみっぺ」と思うような事象や出来事が、此処最近増えたのかも知れない。

と、如何にもそれらしく書いたものの、昨日と今日、今日と明日の区別をつけるのも難しいような日々を送る身に、突如様々な事態が出来するとは思えない。

さすれば何故?


「まぁ、なんなんじゃないの?(尻下がり)、涼しくなって頭が働き出したとか……、そうそうあれあれ、季節の変わり目っちゅうのが大きいかもね、あなたのばやいは」

奇氏の声が聞こえた。



Posted by dream at 11:47│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。